介護保険制度

ホーム

介護保険制度

介護認定について

介護認定について

介護サービスを利用するには、どのくらいの介護が必要なのか判定を受けなければなりません(要介護認定)。認定調査、かかりつけ医の意見書などをもとに審査判定され、各人に応じた介護サービス計画を立てて利用することになります。

手順

1. 要介護認定の申請

居住する市区町村の介護保険担当窓口、または申請を代行する窓口へ申請します。(介護保険証を添えて)


2. 市区町村から調査員の訪問

調査員が、家庭を訪問し、本人の心身の状態や日常生活の自立度などを調査します。


3. 主治医の意見書

主治医がいる場合は意見を求めます。主治医がいない場合は市区町村指定医の診断を受けることになります。


4. 必要な介護の程度の判定

コンピュータで1次判定し、その結果と医師の意見書をもとに、保健・医療・福祉の専門家で構成される「介護認定審査会」で、介護の必要度を総合的に審査・判定します。


5. 認定結果の通知

新予防給付が実施されるまでは自立・要支援・要介護1~5の認定(7段階)となっていましたが、新予防給付の実施後は、従来の要介護1に相当する人について、高齢者の「状態の維持・改善可能性」を踏まえた審査を行い、さらに要支援2・要介護1とに区分して自立・要支援1・2、要介護1~5の認定(8段階)を行います。判定結果は介護保険証に記入して本人に通知します(原則30日以内)。

※自立と判定されると介護保険の給付は受けられませんが、介護や支援が必要になる可能性が高い高齢者については、市区町村の介護予防サービスを利用できます。


6. ケアプラン作成

介護が必要と認定された場合は、介護支援専門員(ケアマネジャー)にケアプランの作成を依頼します。なお、要支援1・2の人については原則として介護予防ケアプランを作成します。


7. ケアプラン決定

どんなサービスを、どこから、どのようなスケジュールで利用するのがいいか、本人や家族と相談し、ケアプランを作成します。


8. サービス開始

ケアプランに基づいたサービスを受けます。

ヤマハ健保保険組合 YAMAHA HEALTH INSURANCE SOCIETY 〒430-8650 静岡県浜松市中区中沢町10-1 TEL.053-460-1581 FAX.053-465-4461 地図を見る
ログイン・登録
スマートライフウォーキング
あなたに合ったウォーキングタイプを選ぼう!
ヤマハボティデザインスクール