健診および補助金

Home よくある質問 健診および補助金

35歳になったので、今年は人間ドックを受けたいと思います。どこで受けたら良いですか? また、補助金申請はできますか?
今年度(4月~3月)まだ会社での健診を受診していなければ、補助金申請が可能です。健診機関等については、ヤマハ健保ホームページの「健診・人間ドック」をご覧ください。なお、『個別契約健診機関』をご利用いただくと、補助金申請書類等の提出が不要となり(健診費用と健保補助金を相殺。自己負担分のみ窓口にて支払う)、大変便利です。是非ご活用ください。

保健事業/健康診断のご案内/社員の人間ドック
私が人間ドックを受診、家族(被扶養者)ががん検診を受診しました。補助金申請をしたいのですが、どうすれば良いですか?
ヤマハ健保ホームページ、「申請書一覧」、「健診・人間ドック・健康づくりに関する書式」から申請書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、事業所の健保担当窓口へご提出ください。

申請書一覧/健診・人間ドック・健康づくりに関する書式
がん検診の補助金申請書を提出したいのですが、健保へ直接送れば良いですか?
各事業所の健保担当窓口へご提出ください。詳細は健保ホームページ、「申請書提出先一覧」をご覧ください。

申請書一覧/申請書提出先(取扱窓口一覧)
定期健康診断で精密検査を勧められたため、後日、内科で胃カメラ検査をしました。この際、自己負担した費用に対し、健保の補助はあるのでしょうか?
定期健康診断後の内科受診は保険診療のため、支払った自己負担分に対しての健保補助はありません。また、被保険者(社員)が個人的に胃カメラ検査をした場合の補助もありません。
被保険者(社員)ですが、市のがん検診の年齢対象となりましたので受診する予定です。健保の補助金申請も可能ですか?
被保険者(社員)が個人で受診した肺・胃・大腸がん検診への健保の補助はありません。婦人科がん検診は「市区町村のがん検診」の自己負担分に対し、健保の補助金申請が可能です。
「脳ドック」や「PET検診」を受診した場合について、人間ドックの補助金16,000円の補助を受けることは可能でしょうか。
健保連の「一日人間ドック基本検査項目」を満たしていれば、補助を受けることが可能です。

保健事業/健康診断のご案内/社員の人間ドック
健康診断を被扶養者(妻29歳)が受診したいのですが、健保からの補助はありますか?
血液検査等がある「特定健診」は35歳~74歳を対象としていますので、補助対象外となります。但し、婦人科がん検診は20歳から補助がありますので、詳しくは関連リンクをご覧ください。

保健事業/健康診断のご案内/家族の婦人科がん検診
本人および家族のインフルエンザ予防接種を実施するにあたり、補助はありますか?
インフルエンザ予防接種についての補助はなく、全額自己負担となります。
先月、会社を定年退職し、任意継続に加入しました。今年度はまだ健康診断を受診していませんが、健康診断を受診することはできますか?
今年度まだ健診を受診していなければ、年度内(4月~翌年3月)に1回受診できます。健診は、会社の定期康診断と同等の「特定健診+がん検診」が受診できますので、健保組合までご連絡ください。
「健診の案内」を送付いたしますので、同封の「受診券」(自己負担なし)を利用して特定健診を受診してください。がん検診も補助金制度があります。
ただし、資格喪失後の受診は全額自己負担となりますのでご注意ください。

保健事業/健康診断のご案内
健保組合から送付された「特定健診受診券」(健診のご案内)を紛失しましたが、再発行はできますか?
再発行致しますので、健保組合にご連絡ください。
健康診断の結果票を紛失しました。再発行してもらえますか?
ヤマハ健保では、健康診断結果票の発行(再発行)は行っておりません。
ご家族の場合は受診された健診機関、社員の場合は事業所の健康管理センター・健康推進センター、もしくは受診された健診機関へお問い合わせください。