給付ガイド

ホーム

給付ガイド

病気やけがをしたとき

病気やけがをしたとき

保険医療機関で保険証を提示すると、医療費の一部を負担するだけで必要な医療を受けられます。

療養の給付・家族療養費

医療費の一部負担をすることにより、治療に必要な診察・投薬・処置・手術・入院・看護などを受けることができます。
一部負担金の割合
小学校入学前 医療費の2割
小学校入学後70歳未満 医療費の3割
70歳以上(一般) 生年月日:S19.4.1以前 医療費の1割
70歳以上(一般) 生年月日:S19.4.2以降 医療費の2割
70歳以上(現役並み所得)※1 医療費の3割
75歳以上 医療費の1割または3割 ※課税所得による
※1 現役並み所得:診療月の標準報酬月額が28万円以上の70歳以上の被保険者とその被扶養者のうち70歳以上の人(複数世帯の年収が520万円(単身者の場合は383万円)未満の場合は、申請すれば一般となります。)

当組合の付加給付

当組合では付加給付を行っており、被保険者、被扶養者の最終的な自己負担額は40,000円(+端数)までとなっています。病院の窓口で支払った医療費から40,000円を差し引いた額※(1,000円未満切り捨て)が後日、支給されます。
※1ヵ月、1件ごとの医療費。高額療養費および入院時食事療養にかかる標準負担額、入院時生活療養にかかる標準負担額は除きます。

入院時食事療養費

入院したときの食事代は、医療費の一部負担とは別に、1食当たり下記の額を自己負担します。
入院時食事代の標準負担限度額(1食当たり)
一般 360円
低所得者Ⅰ、Ⅱのいずれにも該当しない
小児慢性特定疾病児童又は指定難病患者
260円
市民税非課税世帯※1・低所得者Ⅱ※2
90日までの入院
210円
市民税非課税世帯※1・低所得者Ⅱ※2
過去12ヵ月で90日を超える入院
160円
低所得者Ⅰ※3 100円
※1 市民税非課税世帯とは、新卒者、長期欠勤者等
※2 低所得者Ⅱとは、市民税非課税世帯員で70歳以上75歳未満
※3 低所得者Ⅰとは、低所得者Ⅱに該当し、各世帯員の所得が必要経費・控除(年金所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円になる方

被保険者が市区町村民税非課税者(新卒者、長期欠勤者等)の場合

以下の手続きにより、入院時食事負担額の減額が受けられます。また減額認定を受けている人が90日を超えて入院したとき(長期該当者)、91日目からさらに減額を受けることができます。
手続書類
これらの書類に市区町村民税非課税証明書を添えて、会社(事業所)の健康保険取扱窓口に提出、「健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けてください。
ヤマハ健保保険組合 YAMAHA HEALTH INSURANCE SOCIETY 〒430-8650 静岡県浜松市中区中沢町10-1 TEL.053-460-1581 FAX.053-465-4461 地図を見る
ログイン・登録
スマートライフウォーキング
あなたに合ったウォーキングタイプを選ぼう!
ヤマハボティデザインスクール