給付ガイド

ホーム

給付ガイド

自己負担が高額になったとき

自己負担が高額になったとき

窓口負担額が自己負担限度額を超えたとき、高額療養費が支給されます。また医療保険と介護保険の自己負担額の合算額が著しく高額になったときの軽減措置もあります。

高額療養費・付加給付

  • 同じ人が同じ医療機関(外来・入院別、医科・歯科別)でひと月に支払った窓口負担額が、自己負担限度額を超えたとき払い戻されます。(高額療養費・付加給付)
  • 自己負担限度額は、年齢と所得によってひと月に負担する金額が定められています。

70歳未満の自己負担限度額

所得区分 自己負担限度額 多数該当





83万円以上 252,600円+(総医療費-842,000円)×1% 140,100円
53万~79万円 167,400円+(総医療費-558,000円)×1% 93,000円
28万~50万円 80,100円+(総医療費-267,000円)×1% 44,400円
26万円以下 57,600円 44,400円
低所得者
(被保険者が市区町村民税の非課税者等)
35,400円 24,600円

標準報酬月額53万円以上の方は、市区町村民税が非課税であっても該当する区分の自己負担限度額となります。

〔多数該当〕は直近12ヶ月間に同じ世帯で3ヶ月以上高額医療費に該当した場合の4ヶ月目以降の金額です。

 

当組合の付加給付
当組合では付加給付を行っており、被保険者、被扶養者の最終的な自己負担額は1ヵ月1件ごと40,000円(+端数)までとなっています。
※支払いは自動的に行いますので、申請は不要です。

 

窓口負担を自己負担限度額までで済むようにするためには事前申請が必要です。

 

「健康保険限度額適用認定証」の交付を受けなかった場合、健康保険組合で被保険者宛高額療養費の支払いを自動的に行いますので、申請は不要です。 なお、支払いの時期は、病院から健康保険組合に送られてくる「診療報酬明細書」をもとに計算するため、およそ診療月の3ヵ月後になります。

 

 

70~74歳の自己負担限度額

所得区分 外来の限度額(個人) 外来+入院の限度額(*世帯ごと)
①現役並み所得 標準報酬月額
83万円以上
252,600円+(医療費-842,000円)×1%
〔多数該当 140,100円〕
標準報酬月額
53~79万円
167,400円+(医療費-558,000円)×1%
〔多数該当 93,000円〕
標準報酬月額
28~50万円以上
80,100円+(医療費-267,000円)×1%
〔多数該当 44,400円〕
②一般 ①・③以外 18,000円
(年間14.4万円上限)
57,600円
〔多数該当 44,400円〕
③低所得 Ⅱ※1 8,000円 24,600円
Ⅰ※2 15,000円

※1 世帯全員が市区町村民税非課税者の場合
※2 世帯全員が市区町村民税非課税者で所得が一定基準(年金収入80万円以下等)を満たす人

 

〔多数該当〕は直近12ヶ月間に同じ世帯で3ヶ月以上高額医療費に該当した場合の4ヶ月目以降の金額です。

 

ヤマハ健保保険組合 YAMAHA HEALTH INSURANCE SOCIETY 〒430-8650 静岡県浜松市中区中沢町10-1 TEL.053-460-1581 FAX.053-465-4461 地図を見る
ログイン・登録
あなたに合ったウォーキングタイプを選ぼう!
スマートライフウォーキング
ヤマハボティデザインスクール