給付ガイド

ホーム

給付ガイド

出産したとき

出産したとき

被保険者が出産したときは、出産育児一時金、出産手当金が、被扶養者が出産したときは、家族出産育児一時金が支給されます。

出産育児一時金・家族出産育児一時金

女性被保険者および被扶養者である家族の、妊娠4ヵ月以上の出産で、1児ごとに42万円(産科医療保障制度対象分娩の場合)支給されます。(産科医療保障制度対象外分娩の場合は40.4万円)

次の3種類の中から1つ選んで申請してください。

1. 直接支払制度を利用する

医療機関に保険証を提示し、出産育児一時金の申請および受給にかかる代理契約の合意文書を2通取り交わします(健康保険組合への申請は不要です)。これにより窓口支払額が、「出産費」から「出産育児一時金」を差し引いた額となります。出産費が出産育児一時金に満たなかった場合は、差額が支給されます。

手続き

差額の給付を受けるためには、「出産育児一時金等(差額)支払依頼書」に下記の書類を添付して提出してください。

  • 医療機関等から交付される代理契約に関する文書の写し
  • 産科医療保障制度対象分娩である場合は所定の押印のある出産費用の領収・明細書の写し

2. 受取代理制度を利用する

厚生労働省に届出された分娩施設(※)での出産の場合、被保険者等が出産予定の施設を出産育児一時金の受取代理人とすることができます。これにより窓口支払額が、「出産費」から「出産育児一時金」を差し引いた額となります。出産費が出産育児一時金に満たなかった場合は、差額が支給されます。

※事前に対象となるかどうか分娩施設にご確認ください。

手続き

出産予定日まで2ヵ月以内に下記の書類を健康保険組合に提出してください。

直接支払制度・受取代理制度利用の流れ

3. 直接支払制度・受取代理制度を利用しないで事後申請する

手続き

下記の書類に必要事項を記入し、医師または助産師に出産したことの証明を受けて、会社(事業所)の健康保険取扱窓口に提出してください。

海外で出産した場合は下記を提出してください。

出産手当金

出産日(予定日より遅れたときは予定日)以前42日(多胎妊娠のときは98日)から出産日後56日までの間で、出産のため仕事を休んで給料が受けられないとき、1日につき支給開始日以前の継続した12ヶ月間の各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額の2/3相当が支給されます。
※支給開始日以前の期間が12ヶ月に満たない場合は別途計算

手続き

下記の書類に必要事項を記入し、医師または助産師に出産したことの証明を受けて、会社(事業所)の健康保険取扱窓口に提出してください。

ヤマハ健保保険組合 YAMAHA HEALTH INSURANCE SOCIETY 〒430-8650 静岡県浜松市中区中沢町10-1 TEL.053-460-1581 FAX.053-465-4461 地図を見る
ログイン・登録
あなたに合ったウォーキングタイプを選ぼう!
スマートライフウォーキング
ヤマハボティデザインスクール