給付ガイド

ホーム

給付ガイド

立て替え払いをしたとき

立て替え払いをしたとき

やむを得ない事情で医療費を全額立て替えたときは、払い戻しを受けられます(療養費・第二家族療養費)。 健康保険法で認められた治療法と料金で計算し、支給されます。

コルセット・義肢・義眼などの治療用装具を作ったとき

治療用装具とは、治療遂行上必要不可欠なものであり、医師の指示により作製され、原則として義肢装具士によりオーダーメイドで作製されたものです。
日常生活や職業上必要なもの、スポーツ時に一時的に着用するものなどは対象外となります。
窓口で立て替え払いをした後、下記の書類を 会社(事業所)の健康保険取扱窓口に提出してください。
審査の上、負担率に応じて給付されます。

手続書類
ご注意!

※支給決定は、診療報酬明細書による 継続的な効果検証を含めて判断致します。
 決定までにお時間をいただく場合がございます。

※健康保険で認められる装具には耐用年数が決められています。
 耐用年数内での再作製は、健康保険が適用されない場合がございます。
 (耐用年数は、年齢・装具の種類によって異なります)

身障者手帳をお持ちの方は、福祉制度の対象となる場合がございますので、作成前に市町村にご相談ください。

9歳未満の小児に治療用眼鏡を作ったとき

下記の書類を 会社(事業所)の健康保険取扱窓口に提出してください。

手続書類
ご注意!

●治療用眼鏡の更新(再作製)
  ①5歳未満については、更新前の装着期間が1年以上ある場合
  ②5歳以上については、更新前の装着期間が2年以上ある場合
●レンズの薄型加工、UVカット等の加工費は対象になりません
●支給の上限額は38,902円(36,700円×1.060)×0.7(小学生)=27,231円
                               0.8(未就学児)=31,121円となります

輪部支持型角膜形状異常眼甲コンタクトレンズを購入したとき

スティーヴンス・ジョンソン症候群及び中毒性表皮壊死症の眼後遺症において既存の眼鏡、コンタクトレンズを用いても十分な視力が得られない場合の治療用コンタクトレンズを購入した場合は下記の書類を会社(事業所)の健康保険取扱窓口に提出してください。

手続書類
ご注意!

●1枚あたり 158,000円が上限となります。
●再購入は、前回の購入後5年経過後となります。

四肢のリンパ浮腫治療のための弾性着衣等を購入したとき

下記の書類を 会社(事業所)の健康保険取扱窓口に提出してください。

手続書類
ご注意!

一度に購入する弾性着衣は、洗い替えを考慮し、装着部位ごとに2着を限度とします。 また前回の購入から6ヵ月経過していれば、二度目の購入も療養費の支給対象となります。

保険証なしで診療を受けたとき

保険証をもたずに診療をうけたときは、医療費の全額を自分で支払わなければなりません。 しかし後日、健康保険組合へ申請することで、払い戻しが可能です。 かかった費用すべてではなく、健康保険の適用となる費用の7割(未就学児は8割)の払い戻しです。
※領収書は必ず保管しておきましょう。
※急病で保険医に自費でかかったときでも、診療月内に医療機関の窓口に保険証を提示すれば保険扱いとして精算できる場合がありますので、 早めに医療機関窓口へお問い合わせください。

医療機関ごとに1ヵ月分を1件として、 会社(事業所)の健康保険取扱窓口に提出してください。

手続書類
  • 療養費支給申請書(立替払い)
  • 医療機関発行の診療報酬明細書(レセプト)(写し)
    ※領収書と一緒にもらえる診療明細書ではありません。病院に依頼する必要があります
  • 領収書(原本)

以前の保険証を使用し、医療費を返納したとき

当健保加入手続き中でまだ保険証が手元になく、以前の保険証を使用してしまい医療費を返還した場合には、申請することで払い戻しが可能です。

手続書類
  • 療養費支給申請書(立替払い) (医療機関ごとに1ヶ月分を1件として申請下さい)
  • 返納請求によって支払った領収書(原本)
  • 返納した役所・健康保険組合等で発行された診療報酬明細書(レセプトの写し)
    ※返納請求を受けたときの書類(請求書等)がございましたら合わせてご提出下さい。

はり、きゅう、マッサージにかかるとき

一定の要件を満たす場合には「療養費」として健康保険の対象となり、給付が受けられます。
施術を受けるには医療機関の保険医(主治の医師)の診察と同意書(文書)の交付が必要です。
1ヵ月分ごとに下記の書類を会社(事業所)の健康保険取扱窓口に提出してください。
※初回の施術や長期に及ぶ施術の場合には施術内容の照会をさせていただきます。
※健保組合が厚生労働省の通知に基づく審査により「保険適用と認められない」と判断した場合は、施術料の全額について自費となります。

手続書類

海外で治療を受けたとき

海外で“やむを得ず”現地の医療機関で診療を受け医療費を支払った場合、申請により一部医療費が海外療養費として払い戻されます。

―支給額の計算方法は―
※日本国内の医療機関等で、同じ傷病を治療した場合にかかる医療費を基準にした額(実際に海外で支払った金額の方が低い場合はその額)から、 自己負担相当額(患者負担分、1~3割)を差し引いた額を支給します。
※海外で高額な医療費を支払っていても、日本国内での治療に置き換えて計算した結果、支給額が大幅に減ってしまうケースがあります。
1ヵ月ごとに下記の書類を提出してください。

手続書類
ご注意!
「療養のために海外へ行き診療を受けた」「日本では保険でかかれない診療を受けた」という理由で、海外療養費は受けられません。

輸血したとき

窓口で生血代を立て替え払いをした後、下記の書類を 会社(事業所)の健康保険取扱窓口に提出してください。

手続書類
ヤマハ健保保険組合 YAMAHA HEALTH INSURANCE SOCIETY 〒430-8650 静岡県浜松市中区中沢町10-1 TEL.053-460-1581 FAX.053-465-4461 地図を見る
ログイン・登録
あなたに合ったウォーキングタイプを選ぼう!
スマートライフウォーキング
ヤマハボティデザインスクール