家族のがん検診(肺・胃・大腸)

Home 保健事業 健康診断のご案内 家族のがん検診(肺・胃・大腸)

肺・胃・大腸がん検診

対象者

被扶養者(家族)および任意継続加入者 ※当年度35歳~74歳
社員(35歳以上)は会社の定期健診で、胃部X線撮影または胃がんリスク検査(ABC検診)を実施

健診実施期間

4月1日~翌年3月31日

補助金

検査項目 補助金上限額 自己負担額
肺がん検診
<胸部X線撮影>
1,000円 健診機関によって料金が異なるため、
自己負担も異なる
胃がん検診
<胃部X線撮影または内視鏡検査(胃カメラ)>
4,000円
大腸がん検診
<便潜血反応検査1日・2日法>
1,000円
※「市区町村のがん検診」の自己負担分も補助金申請の対象となります。(被保険者(社員)は除く。)

補助金申請が必要な場合

【申請期間】
4月16日~翌年4月10日必着
やむを得ず申請期限を過ぎる場合は、事前に必ず健保へご連絡ください。

【申請回数】
年度内に1回(検査日や健診機関が異なる場合は、健診が全て終了してから1回にまとめて申請してください)
  • 健診機関によっては、「特定健診」と同時に受けることができませんので、予約の際ご確認ください。
  • 次の場合は、補助の対象となりません。
    1. 保険診療扱い(窓口で3割負担)で受けた場合
    2. 2次検査(精密検査)
  • 領収書の宛名は、受診者本人の氏名が記載されていることが必要です。(会社名等は不可)

健診機関の種類と特徴

健診機関 [1]ヤマハ健保個別契約特定健診・人間ドック健診機関 [2]健保連集合契約健診機関・健保連人間ドック契約施設 [3]その他健診機関
料金 健保補助金との差額を自己負担 料金全額を窓口で支払う
補助金申請 不要 申請必要
市区町村の補助 対象指定健診機関で、対象の住民が受診した場合に補助あり

受診方法

健診機関 [1]ヤマハ健保個別契約特定健診・人間ドック健診機関 [2]健保連集合契約健診機関・健保連人間ドック契約施設 [3]その他健診機関
1. 健診機関を選ぶ ヤマハ健保個別契約特定健診・人間ドック健診機関

静岡県内[PDF:288.1KB]

静岡県外[PDF:176.2KB]

健保連集合契約健診機関
検索にて健診機関が出てこない場合に「前年度健診機関リスト」をご利用ください。

前年度健診機関リスト[Excel:3.8MB]

※パスワードは「保険証」の保険者番号を入力

健保連人間ドック契約施設
左記以外の健診機関
2. 予約する
  1. 健診機関へ、直接電話予約をする
  2. 「ヤマハ健康保険組合の加入者」と伝える
  3. 希望の検診項目を伝える
健診機関へ、直接電話予約をする

※市区町村の「がん検診」を利用する場合は、「市区町村のがん検診を利用します」と同時にお伝えください。

3. 受診する (1)受診当日の持ち物:「健康保険証」を受付で提示

(2)料金の支払い:一部自己負担額がある場合のみ支払い

(2)料金の支払い:料金全額を支払い、「領収書」を受け取る
※宛名が受診者本人の名前であること

※市区町村の「がん検診」を利用する場合は、市区町村発行の「がん検診受診券(はがき)」をご持参ください。

4. 補助金申請をする 補助金申請が不要
  1. 「補助金支給申請書」に「領収書(原本・宛名が受診者本人の名前であること)」を添付して、会社(事業所)健保窓口へ提出
    ※任意継続加入者は、直接ヤマハ健保へ提出

    補助金支給申請書(入力用)[PDF:1.2MB]

    補助金支給申請書(手書用)[PDF:1.5MB]

  2. 後日、補助金は、被保険者の給与口座に振込み(任意継続加入者は、保険料の引き落としをしているゆうちょ銀行の口座に振込み)

※市区町村の「がん検診」を利用した場合は、「市区町村の健診案内」または「がん検診受診券(はがきなど)」(ある場合)を添付してください。

5. 結果を見る 結果が届いたら結果を確認し、再検査(精密検査)が 必要な場合は、必ず受診する