個人情報保護方針

ホーム

個人情報保護方針

個人情報の共同利用について

個人情報の共同利用について

2018年7月
ヤマハ健康保険組合(以下、当組合)は、その保有する個人情報(個人データ)について、次の通り共同利用を行います。

(1)健診結果等の事業主(事業所)との共同利用

当組合は、健康診査事業について各事業主と共同で実施し、健診データ等を共同利用しています。
①共同利用する目的
  当組合: 被保険者、及び被扶養者の健康の保持増進、健診結果に基づく事後指導、生活習慣病等の改善のための保健指導等を効果的に行うため
  事業主: 社員の健康状態の把握及び職場における健康保持増進、及び家族の健診受診勧奨のため
②共同利用する個人情報(個人データ)
  健康診断(定期、及び雇入れ時)の受診者(被保険者)に係る記号・番号、氏名、性別、生年月日、年齢、住所、電話番号、社員番号、事業所名、事業所住所、事業所電話番 号、健診未実施項目、健診結果、問診結果、健診受診日、健診実施機関名、健診システムID、所見、医療機関の受診有無、特定保健指導利用の有無および実施情報、及び被 扶養者の記号・番号、氏名、性別、生年月日、年齢、住所、電話番号、特定健康診査受診の有無、特定保健指導利用の有無、医療機関の受診有無
③共同利用者の範囲
  当組合: 常務理事、事務長、保健事業担当者、システム担当者
  事業主: 人事担当者、産業医、医療職
④共同利用の管理責任者
  当組合: 常務理事
  事業主: 人事担当責任者


(2)高額療養給付に関する健康保険組合連合会との共同利用

当組合では、高額な医療費が発生した場合に、健康保険組合連合会(以下「健保連」という。)が実施する高額医療交付金交付事業から医療費の助成を受けるため、診療報酬 明細書データを共同利用しています。
①共同利用する目的
  当組合: 高額な医療費が発生した場合に健保連に申請し、その費用の一部について交付を受けるため
  健保連: 申請内容を確認し適正な交付を行うため
②共同利用する個人情報(個人データ)
  診療報酬明細書(以下、「レセプト」という)の写し、交付金交付申請書の記載項目(記号・番号、氏名、本人家族別、入院外来別、診療年月日、レセプト請求金額等)及び レセプト記載データのすべての項目、負傷原因回答書の写し、給付台帳の写し
③共同利用者の範囲
  当組合: 常務理事、事務長、高額医療交付金交付事業担当者
  健保連: 高額医療グループ職員、健保連の業務処理委託業者
④共同利用の管理責任者
  当組合: 常務理事
  健保連: 組合支援事業部長



個人情報保護方針トップへ戻る

ヤマハ健保保険組合 YAMAHA HEALTH INSURANCE SOCIETY 〒430-8650 静岡県浜松市中区中沢町10-1 TEL.053-460-1581 FAX.053-465-4461 地図を見る
ログイン・登録
あなたに合ったウォーキングタイプを選ぼう!
スマートライフウォーキング
ヤマハボティデザインスクール